くらしと大地の応援ブログ

問題:4月19日は何の日?  答えは「良いきゅうりの日」。

きた〜! 春が・・・。ジャン・ミノルです。

キュウリ食べてますか?
キュウリ食べてますか?

 ようやく春になり、冬眠からさめたジャン・ミノル(私のこと)が活動し始めました。正月早々、後藤組合長にインタビューしてブログにアップした夢を見ました。そのため、仕事が夢にまで出てくるとはと休養(冬眠)したのですが、現実でありました。
 ということで、更新がストップしていた言い訳ばかりを説明していてもイケないので、私も仕事をしているところを見せたいと思います。

 新年度のトップを切って紹介するネタは「トロ」(寿司のネタ?)ではなく、
にしみのブランドの「キュウリ」です。拍手(パチ、パチ、パチ)。

青年部長の田中さん夫婦
青年部長の田中さん夫婦



 実は、私の先輩である
海津キュウリ部会青年部の田中圭崇(たなか・よしたか)さんから丸秘の情報を入手。岐阜冬春きゅうり消費宣伝協議会が主催して、「良いきゅうりの日」をPRするというので、4月7日(土)の午後3時にJR岐阜駅アクティブGへ出かけました。
 
 すでに同協議会一員でもある田中青年部長をはじめ部員数人、JA全農岐阜や市場関係者がおり、会場の準備に追われていました。そこで、目に入ってきた看板に、
4月19日は「良いきゅうりの日」と書かれ、ようやく、今日の目的が分かりました(久しぶりで仕事で勘が鈍って・・・スイマセン)。

 と、会場準備の様子を見ていると、「よっ」と声をかけられ、後ろを振り向くと、田中青年部長でした。隣には、奥さんの夕子さんも一緒。さっそく、恥かしがる田中青年部長に「たまには後輩の頼みも聞いてくださいよ」と、頭をスリスリして土下座でお願い。面倒くさい先輩と思いながら、ようやく夫婦一緒の写真をゲットしました。

 会場には、同協議会が制作したキュウリのポスターが、これでもか、これでもかというぐらい貼られ準備万端。整理券も配付され、いよいよ何やら始まる気配です。

PRポスター
PRポスター

 「何やら?」。あっ!と思い、肝心なことを聞かなくてはと、再度、頭をスリスリして田中青年部長に土下座攻撃?
 「お前は、いつも大げさだな」と怒られながら、そこは親切な田中青年部長。次のコメントをいただきました。

■田中青年部長からのお言葉
 4月19日は、「良いきゅうりの日」です。
 これから最盛期を迎える冬春キュウリのPRをかねて、私たちが作った自慢のキュウリを1袋2本にセットして、300人限定で無料配布します。
 さらに、おいしく食べてもらうために、「きゅうりのからし漬け」「きゅうりのタコのキムチ和え」「牛肉ときゅうりのピリ辛炒め」のレシピも配付します。

会場の様子
会場の様子

 こうしている間に、すでに無料配布がスタート。長蛇の列ができ、これは忙しそう。私も手伝わなくてはと思いつつ(いつも田中青年部長のところへ行くと、手伝わされている癖が・・・)、今日は取材に来たんだと、シャッターを押しまくりました。300人分のキュウリは、あっという間になくなり、無事終了。

 帰ろうかなと思ったら、今度は、テレビ局らしい人らが、「みなさん、集まって」と。何が始まるかと関係者の人に聞くと、「実は、この様子は、テレビで放映されるんです」と教えてもらいました。エッ、田中青年部長がテレビに出演!?

 最後は、協議会のメンバーが集まり、
「4月19日は、良いきゅうりの日」。
みんな、たくさんキュウリを食べてね。
と、大合唱されていました。

 この模様は、4月19日(木)、岐阜テレビのニュース(午後5時15分から午後6時の間)で放映されます。
ぜひ、みなさん、見て下さい。

無料配布したキュウリ
無料配布したキュウリ

1