くらしと大地の応援ブログ

おいしいトマトを、海津から。産地PRポスターが完成!

あっち、こっちで田植えが始まり、「ゲロゲロ、ゲロゲロ」とカエルの大合唱が聞かれる今日この頃。
「カエルの鳴き声が聞けるような場所に住んでいるの?」と言われそうですが、それはさておき、ジャン・ミノルです。

一新されたポスター
一新されたポスター

今回は、トマトのネタです。タネではありません。
「にしみの大使」として、愛する「にしみの」の魅力をお伝えします。
(仕事をしていることを伝えるわけではないので誤解のないように)

冒頭の写真を見ていただきましたが、これは、「にしみのブランド」の中の園芸部門だけでなく、県内冬春トマトの生産量でトップを誇り、そのシェアは9割ほどもあるトマトです。そのトマトを栽培するのが海津トマト部会であり、69人の部会員が約24fのハウスで栽培しています。

詳しくは、こちらまで。http://www.jan.or.jp/gallery/tomato.html

その県内トップの実力がある部会が、自信を持って制作したのがポスターです。
(作ったのは「印刷会社」という人もあり。確かに)

このポスターは消費宣伝用で、7年前に制作したものを一新しました。そこで、地元の海津市にも地産地消の一環として、ポスターのお披露目も兼ねて、5月11日に海津市役所海津庁舎を表敬訪問したわけです。

この日、近藤和吉部会長と福島正巳副部会長が松永清彦市長を訪問。その時の様子は次の通りです。
(録音していなかったので、多少ニュアンスは違いますがご了承ください)





松永市長:「お久しぶりですね。今は、出荷が最盛期でお忙しいのではないですか」


近藤部会長:「ご無沙汰しております。猫の手も借りたいぐらいの忙しさですが、ぜひ、

松永市長にお会いして伝えたいことがあり、お邪魔しました」

松永市長:「ほー。部会長のお顔から、それはきっと良いことでしょうね」

近藤部会長:「はい。実は、海津のトマトをPRするポスターが完成しましたので、そのご報告と市でもPRのご協力をいただきたく、福島副部会長と一緒に来ました」


福島副部会長:「このポスターです。ぜひ、庁舎の目立つ場所に貼っていただけないでしょうか」

松永市長:「農業が盛んな海津市ですので、協力はさせていただきます」

近藤部会長・福島副部会長:「ありがとうございます」
(深々かと一礼)

松永市長:「すぐ食べたくなるような真っ赤なトマトの写真も良いですが、海津の名前や地図が入っているのがいいですね」

近藤部会長:「今回のポスターのこだわりは、そこです。県内だけでなく、愛知県や北陸、そして新潟県の市場にも出荷しています。消費宣伝をしていると、意外と海津という地名は知られていないことから地図を入れました」

松永市長:「さっそく、庁舎に貼らせていただきます」

福島副部会長:「市長。できるだけ目立つ場所にお願いします」

松永市長:「はい、分かりました」
(一同:笑)

と、こんな感じでした。

最後に、松永市長にお願いして、記念撮影をパチリ。


市長が、これ以上はないという笑顔でトマトを持っていただいた写真が撮影でき、この取材は120点かな。
(自己満足です)

おっと。いけない。帰り際に近藤部会長から言われていたことを忘れていました。

このポスターは、JA全農岐阜とJAにしみのも協力して、3000枚を制作。「おいしいトマトを、海津から。」のキャッチフレーズ(この言葉も部会こだわりのもの)も掲載され、出荷する市場をはじめ量販店に配布してあります。ポスターは、今が旬の海津のトマトをPRする消費宣伝に使われ、量販店にも設置されます。

みなさん、トマトを食べるなら、にしみのブランドのひとつ「海津のトマト」(養老町などでも栽培されています)を選んでね。By 近藤部会長

以上、トマトが「私に似てる、私が似てる」のジャン・ミノルでした。






1