くらしと大地の応援ブログ

ペットボトルのキャップ10個を集めて、農業祭へGO!

「秋」と言えば、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋が連想されますが、わたくしジャン・ミノルの一押しは、イベントの秋であり、JAにしみの農業祭の秋だと思います。

すでにご存じだとは思いますが、今年もJAにしみの農業祭が6会場で開かれます。
(日程は、こちらまで。http://www.jan.or.jp/cms_news/20131007090135.html

当然、わたくしも行きますが、毎年、楽しみにしているのが、全会場で行われる統一企画です。昨年度は、「国際協同組合年」の記念企画として、『にしみのから全国へ届け!! きずな風船2012』を実施し、絆に関するメッセージを募集して、風船に付けて飛ばしました。

今年は、昨年度同様、絆シリーズ第2弾として『仲間と創る 私たちの未来〜にしみのエコキャップアート2013〜』と題して、統一企画が実施されますのでご紹介します。




この企画は、次世代を担う子どもたちに「ひとり一人が心と力を合わせて助け合う」という協同や仲間の大切さを知ってもらおうというもので、さすが協同組合でもあるJAらしいイベントです。

私も参加しようと思いましたが、何やら参加資格があるようで、それによると「中学生以下」の方しか参加できないそうです。少し残念ですが、どんなアートができるか楽しみなので、参加資格以外の方は、見学に行ってみてはいかがでしょうか。

 ■参加資格  ペットボトルのキャップ10個を持参できる中学生以下の方。
                ※キャップは、白以外の色をなるべく混ぜてください。
 ■参加人数 各会場 2日間で先着200名
 ■内   容
   @持ち寄ったキャップを使用し、アートづくりに参加していただきます。ただし、
    デザインの関係でキャップは、こちらで準備したキャップと変更させていただ
    くことがあります。
   A参加者は、会場で顔写真を撮影します。
   B参加した記念として、完成したエコキャップアートとAで撮影した写真(参加
    者全員)で「クリアファイル」(1枚)を作り、プレゼントします。
     ※発送は、12月下旬の予定。
  ■注   意
   @リサイクル可能なペットボトルのキャップを持参ください。
   Aキャップに付いているシールは、はがしておいてください。
   Bキャップ自体に塗装等を塗ることはしないでください。

 

1