くらしと大地の応援ブログ

西美濃の農産物は「目」でも魅了!―広報誌1月号表紙裏話―

  Hey!みんな、元気かい?
  みなさまのアイドル、ジャン・ミノルでございます。

  「あんたなんかアイドルじゃない!!」という声も聞こえてきそうですが、まあ、そんなことは気にしません。(「パパ、ちょっとは気にしてよ!」by ミノコ)

  さて、2015年が始まって早1カ月が経ちます。みなさん、今年のお正月はいかがお過ごしでしたか?

  私はといいますと、故郷・タリへ帰省しておりました。

  「え、イタリア生まれなの?そんな風に見えないんだけど・・・」という声が聞こえてきそうですが、人間(?)、見かけによりません。

  情熱の国・イタリアで過ごし、「みなさまに情熱の農業情報をお届けしたい!」と私ジャン・ミノル、地中海の海岸で新たな決意をいたしました。



  まあ、余談はここまでにしておきまして、みなさま、「じゃん!」1月号はご覧になったでしょうか。

2015年1月号「じゃん!」
2015年1月号「じゃん!」

  毎年、『にしみのブランド』(西美濃産の農産物)を使い、お正月をイメージするものを作っていますが、今年のテーマはズバリ獅子舞です。

  今回は、「どうやって作っているの?」という声に答えるべく、獅子舞作成の裏話をご紹介いたします。

  今回使用したのは、トマトやダイコン、ナスなど、すべて西美濃の大地から生まれた農産物たちです。

  ちなみに、獅子頭ではトマト、ミニトマト、ダイコン、ナス、グリーンねぎを使用しました。

  実は、毎年そうなのですが、作品のきちんとした図面は存在しません。それは、何度シュミレーションをしても、実際はシュミレーションどおりにいかないからです。だから、敢えて完璧な図面を用意せず、実際に作りながら、理想の形に仕上げていきます。今回の獅子舞も、インターネットで獅子舞の画像を検索し、それを何度も見ながら、よりリアルな獅子舞にすべく作業を進めました。

  また、骨格も特別な道具は一切使用しておりません。獅子頭の骨格には、A4サイズの書類が入るごく普通のプラスチックのカゴを使っています。そのほかにも、固定するのに針金や竹串、つまようじなど、どれも手に入りやすいものばかりです。

  まあ、そんなこんなで順調に作業は進みましたが、広報誌の「二人の寝言」にも書いてありますとおり、かわいすぎる獅子舞姫を、凛々しい獅子舞殿にすべく、作業スタッフ一同奮闘いたしました。白目や瞳の位置を変えてみたり、眉毛の位置を変えるなど、微調整を重ねた結果、見事かわいすぎる獅子舞姫から凛々しい獅子舞殿へと変貌を遂げたのであります。

  「素晴らしい!」と反響も大きいこの表紙ですが、私、ジャン・ミノルはすでに来年を見据えております。

  「来年は、どんな作品を作ろうか・・・。」(朝日を見ながらつぶやく私)
  西美濃の大地に誓い、さらなる高みを目指していく所存です。
  みなさま、何か作ってほしいものがあるならば、教えてください。みなさまのご意見、お待ちいたしております。(実はまだ何も思いついていないジャン・ミノル・・・。)


  以上、ジャン・ミノルがお伝えいたしました。
  それではみなさん、さらばでござる

1