くらしと大地の応援ブログ

新採用職員の農業体験研修〜農家の思いを感じ取れる職員育成〜

チャオ!
「にしみの」魅力をお伝えしたい「にしみの大使」
ジャン・ミノルでございます。
更新が遅くなってしまい申し訳ありません。
 9月も始まりましたが、まだまだ暑い日が続きますね。わたくしはバテバテです・・・(笑)
皆さん体調管理には十分気をつけてください!
 
さて、今回は4月に紹介しました新採用職員が8月20日、31日に海津市で
農業体験研修を行いましたので皆さんにお伝えしたいと思います。
 
まず、農業体験研修は農業経験が少ない職員が増えているため、農作業を体験し農家と直接触れ合うことで、農業への理解を深めてもらおうと、人事課が企画しました!
 
 研修を受け入れてくれたのは、「岐阜県就農支援センター」の研修課程を修了し、新たに同市で冬春トマトの生産者になった福島紳太郎さんと赤尾晴美さん。
福島さんは、今年から同センターで学んだ「独立ポット耕栽培システム」を活用したハウス14eで、冬春トマト「りんか409」の栽培を始めました。
 

福島さん(左)と作業をする新入職員
 
赤尾さんはココバッグを使った珍しい方法でトマトを栽培しています。ココバッグ栽培は、ココナッツのヤシガラを土の代わりにして栽培する方法で、水や肥料もチューブから自動で与えることができます。
 

 ハウス内の様子
 
新採用職員は、お二人から定植方法の説明を受け、トマトの苗を一つひとつ丁寧に植え作業は終了。
 研修を終え、福島さんは「非農家の方が増える中、農家の苦労を直接感じてもらえる機会は大切。定植作業も人手がいるので大変助かった」と笑顔で話しました。
 また、新採用職員は「ハウス内は暑く作業も大変で、農家の苦労を感じる事ができた。貴重な体験を、今後の業務につなげていきたい」と話しました。
 

赤尾さん(前列中央)と新入職員9名
 
新入職員の皆さんお疲れ様でした。この研修を通して、また一つ農協職員としてスキルアップができたのではないでしょうか。これからの皆さんの活躍を期待して今回はここまでにします。
それでは皆さん、また会いましょう!

 

にしみのに新しい風 〜新採用職員入組〜

みなさんお久しぶりです。

「にしみの」の魅力をお伝えしたい「にしみの大使」ジャン・ミノルでございます。

 

4月になり、新生活が始まった方もみえるのでは。

新しい環境に飛び込むのは、期待や希望もある反面、不安もあって何かソワソワして落ち着かない気分になりますよね。

そんな中、我がJAにしみのにも新たに25人の仲間が加わりました

みなさん新人らしいフレッシュな空気を纏い、エネルギーに溢れています

今回は、そんな新採用職員が職場に配属されるまでに受けた研修風景をご紹介します。

実はこんな研修を受けているんです。


業種毎にどんな内容の仕事をしているのか説明を受けます。

講師の職員の説明に耳を傾け、重要なことはメモをとるなど真剣そのもの。

 

金融業務の研修では札勘定の練習も。

 

こちらは、AEDの使用方法についての講習。

AED講習のほかにも、認知症サポーター研修や電話対応など様々な研修を受けているんですよ。

こうして1週間の研修で、職員としての基礎知識を身に付けているんです。

新採用職員のみなさん、お疲れ様でした。

 

まだまだ不慣れな部分もありますが、思い描くJA職員を目標に日々奮闘中の新人25名。

みなさんも支店などで彼らを見かけたら、応援よろしくお願いします。

年末にかけて楽しいイベントがたくさん

チャオ!
「にしみの」の魅力をみなさんに伝えたい!「にしみの大使」ジャン・ミノルでございます。
3ヵ月ぶりの更新となってしまい申し訳ありません。
前回みなさんにお会いしたのはまだ太陽がギラギラとしていた8月。
そして今は北風がつめたく感じはじめた11月...。
季節の移り変わりは早いですね。

今回、わたくしジャン・ミノルがみなさんにお届けしたい情報は楽しいイベントの情報です。

ホームページのNEWSでもご案内していますが、11月は各区域で農業祭が開催されています。

新鮮な野菜や果物は大人気(不破区域)
新鮮な野菜や果物は大人気(不破区域)

行列になった青年部企画(養老区域)
行列になった青年部企画(養老区域)

今週末は神戸区域で、来週末には大垣区域と安八区域で開催されます。
各会場とも楽しいイベントがたーーーくさん開催されますので、みなさん是非会場へ遊びに来てくださいね。

そして!年末にかけては各支店で「支店まつり」が開催されます。(拍手)
開催規模は農業祭より小さいですが、その分地域に寄り添った温かいイベントでみなさんをおもてなしします。
詳しい内容は来月の広報誌と一緒に案内チラシが配られるのでチェックをお忘れなく。

それでは今回はここまで。
さらばでござる!


 

JAにしみの農涼祭2017

チャオ!
「にしみの」の魅力を皆様に伝えたい!「にしみの大使」ジャン・ミノルでございます。

今回ワタクシは8月5日(土)にJAにしみの本店特設会場で開催された「JAにしみの農涼祭2017」に参加してきました。農涼祭は地域住民の方とJAが交流する場で、地域活性化につなげようと平成25年から毎年開催されています。それでは早速、当日の様子を紹介をしていきますよ〜

まずは小林代表理事組合長による農涼祭の開会挨拶が行われました。続くオープニングイベントでは先着100名限定で地元の枝豆とナスが来場者に振るまわれました。





バザー会場では、アユの塩焼きや焼きトウモロコシ、焼きそば、フランクフルト、かき氷、綿あめなどの他、地元農産物を使った出店として、大垣養老高校による米粉パンホットドッグや女性加工グループによる五平餅や野菜カレー、酪農家生キャラメルやアイスクリームなどが店頭に並んでいました。ミノルもたくさん食べ歩きましたが、どれも美味しかったですよ!


お子さんたちは、縁日コーナーでの金魚すくいやボールすくいやふれあいホールでの紙パックでの竹トンボづくり、ストローで作るでんでん虫作りを楽しんでいました。また今年からは水鉄砲で射的ゲーム、輪投げ、ストラックアウトなどお子さんが楽しめるコーナーも更に増え、多くの子どもたちで賑わっていましたよ〜。




また、地元バント「THE BASICS」さんも農涼祭に参加いただきました。野外ステージ会場では多くの方がその演奏に聞き入っていました。


辺りも暗くなり、いよいよメインの盆踊りが始まりました。にしみの職員が叩く太鼓のリズムに合わせて、大人から子供まで皆さん一生懸命踊っていただいています。ミノルも皆さんに負けずに踊りますよ!




盆踊りも終わり、農涼祭終了の挨拶が行われました。帰りの際には浴衣で来場いただいた方には「浴衣特典」、一生懸命踊っていただいた方には「にしみの賞」がプレゼントされました。


天候にも恵まれ、JAにしみの農涼祭2017は無事に終了しました。来場いただいた皆様はどなたも笑顔で、イベントや食事、お買い物を楽しまれました。ミノルは特に地元農産物を使った食事や試食を楽しむことができましたよ〜。

秋にはJAと皆さんが交流する場として大垣、神戸、安八、海津、養老、不破各区域で農業祭も開催されます。皆さんまたそちらにもぜひ足をお運びください。


それでは皆さん、また会いましょう!



 

にしみの広報誌『jan!(じゃん)』リニューアル!A

チャオ!
「にしみの」の魅力を皆様に伝えたい!「にしみの大使」ジャン・ミノルでございます。


にしみの広報誌くらしと大地の応援マガジン『jan!(じゃん)』が2017年5月号よりリニューアルしました。先月に引き続き、完全リニューアルとなった『jan!(じゃん)』2017年6月号についてご紹介したいと思います。

こちらがその表紙となります。


『にしみのブランド』を生産する農家の方に登場いただき、農業へのこだわりなどをお聞きしている「WE LOVE 農」今回ご登場いただいたのは、海津ナス部会で部会長を務められる伊藤宗人さんと里美さんご夫婦です。

「WE LOVE 農」では、「挑戦者の気持ちでおいしいナスを届けたい」という気持ちを大切にされている伊藤さんと、収穫や出荷作業で宗人さんを支えながら、ナスのスイーツ「ナ・スランス」などの加工品作りに取り組まれている里美さんご夫婦の、農業にかける想いをより詳しくご紹介させていただいています。

また、にしみの管内の農業を紹介する
「農業ドリル」では、私「にしみの大使」ジャン・ミノルの娘「ジャン・ミノコ」が農家さんのところへ伺い、農業に関わる取り組みを紹介してきましたが、6月号からは実際に「ミノコ」農業を体験して農業や農産物の魅力を伝えていく「農業体験記」へとリニューアルしました。

「農業体験記」へとリニューアルし第1回目となった6月号では、神戸町で下宮青果部会協議会モロヘイヤ部会の戸川博部会長のご指導のもと、モロヘイヤの収穫に挑戦した「ミノコ」体験記が紹介されています。


さらに、にしみの管内でスポーツに一生懸命取り組まれている皆さんを紹介する「がんばれ!スポーツキッズ」も6月号より始まりました。

今回は安八郡輪之内町で「仲間を大切に楽しく野球をしよう」をモットーに活躍されている「大藪野球少年団」を紹介させていただいています。皆さん元気ハツラツのいい笑顔をしていますね〜


まだまだ他にも、リニューアルした『jan!(じゃん)』6月号ご紹介したいところではありますが、今回はここまで!皆様方のご自宅に届いた際には、ぜひお手にとってご家族でご覧ください。

それでは皆さん、また会いましょう!

 

1234567891011 >>>