くらしと大地の応援ブログ

JAにしみの農涼祭2017

チャオ!
「にしみの」の魅力を皆様に伝えたい!「にしみの大使」ジャン・ミノルでございます。

今回ワタクシは8月5日(土)にJAにしみの本店特設会場で開催された「JAにしみの農涼祭2017」に参加してきました。農涼祭は地域住民の方とJAが交流する場で、地域活性化につなげようと平成25年から毎年開催されています。それでは早速、当日の様子を紹介をしていきますよ〜

まずは小林代表理事組合長による農涼祭の開会挨拶が行われました。続くオープニングイベントでは先着100名限定で地元の枝豆とナスが来場者に振るまわれました。





バザー会場では、アユの塩焼きや焼きトウモロコシ、焼きそば、フランクフルト、かき氷、綿あめなどの他、地元農産物を使った出店として、大垣養老高校による米粉パンホットドッグや女性加工グループによる五平餅や野菜カレー、酪農家生キャラメルやアイスクリームなどが店頭に並んでいました。ミノルもたくさん食べ歩きましたが、どれも美味しかったですよ!


お子さんたちは、縁日コーナーでの金魚すくいやボールすくいやふれあいホールでの紙パックでの竹トンボづくり、ストローで作るでんでん虫作りを楽しんでいました。また今年からは水鉄砲で射的ゲーム、輪投げ、ストラックアウトなどお子さんが楽しめるコーナーも更に増え、多くの子どもたちで賑わっていましたよ〜。




また、地元バント「THE BASICS」さんも農涼祭に参加いただきました。野外ステージ会場では多くの方がその演奏に聞き入っていました。


辺りも暗くなり、いよいよメインの盆踊りが始まりました。にしみの職員が叩く太鼓のリズムに合わせて、大人から子供まで皆さん一生懸命踊っていただいています。ミノルも皆さんに負けずに踊りますよ!




盆踊りも終わり、農涼祭終了の挨拶が行われました。帰りの際には浴衣で来場いただいた方には「浴衣特典」、一生懸命踊っていただいた方には「にしみの賞」がプレゼントされました。


天候にも恵まれ、JAにしみの農涼祭2017は無事に終了しました。来場いただいた皆様はどなたも笑顔で、イベントや食事、お買い物を楽しまれました。ミノルは特に地元農産物を使った食事や試食を楽しむことができましたよ〜。

秋にはJAと皆さんが交流する場として大垣、神戸、安八、海津、養老、不破各区域で農業祭も開催されます。皆さんまたそちらにもぜひ足をお運びください。


それでは皆さん、また会いましょう!